Biography

Joseph A. Saltiel氏は、法廷でクライアントを代表してきた長い実績を持つIP訴訟者である。Saltiel氏は、全国の裁判所、USPTO、およびITCで、あらゆる種類の知的財産権および関連する問題について訴訟を起こしている。Saltiel氏はまた、ライセンス、弁護士の意見、NDA、デューデリジェンス、および関連する知的財産問題などの知的財産問題についても定期的に顧客に助言している。

Saltiel氏は、コンピュータサイエンスと電気工学の学位を取得しているが、さまざまなテクノロジを含む問題を処理し、新しいテクノロジをすぐに習得するのに長けている。ロースクール以前は、電気通信業界でエンジニアとして勤務していた。

実践

  • IP訴訟

産業

  • 電気およびコンピュータ技術
  • 自動車&交通
  • 産業および機械技術

主な経験

Saltiel氏は、たとえば以下のようなさまざまな問題でクライアントを支援してきた。

  • ソフトウェアと機械の自動化に関連する元従業員の特許取得済みのプロセスを盗んだとして告発されたフォーチュン50企業のために非侵害の略式判決を勝訴。
  • 競合他社に対するクライアントの消費財の特許の有効性と侵害についての裁判で陪審員の評決を獲得。
  • 主張されているソフトウェア特許が、第101条の下で特許性がないという理由で、特許侵害訴訟の却下をもたらすのに成功。
  • 全国的食品メーカーのために、食料品店で販売される食品に競合他社が類似した商標を使用することを禁ずる仮差止命令を確保。
  • クライアントに対する特許侵害の訴えに対し、主張内容に致命的な不備を指摘することによって、確定力のある決定として申し立てを却下するように、初期段階で裁判所を説得するのに成功した。
  • 特許侵害で訴えられた技術系新興企業のために、裁判地紛争に勝利することにより、訴訟の却下を導く。
  • 連邦巡回裁判所で、地方裁判所の判決をクライアントに有利に覆そうとする上訴人による上訴の棄却を勝ち取る。
  • IPが適切に保護されていたことを確認するために、研究、開発、および製品の製造に関する会社の手順およびポリシーを監査。
  • 世界的な半導体メーカーに対する特許侵害の訴訟に対し、略式判決を勝訴。
  • USPTOの商標審判部において、同じ商標を使用している競合企業2社の間で審理された商標異議申立に勝訴。

背景と資格

Saltiel氏は登録弁理士であり、当社に入社する前は、シカゴの法律事務所のクライアントにサービスを提供していた。弁護士になる前は、Bell Labsの技術スタッフの一員として、電気通信業界に関連するソフトウェアの設計に携わった。

Saltiel氏は、イリノイ大学ロースクールから法学博士号を取得した。ロースクールに在学中、Saltiel氏は、 Law ReviewおよびJournal of Law, Technology, and Policyのインターネット編集者を務めた。Saltiel氏はイリノイ大学シカゴ校で電気工学とコンピュータサイエンスの修士号を、イリノイ大学アーバナシャンペーン校でコンピュータサイエンスの学士号を取得している。

法曹協会登録

  • イリノイ州
  • 米国特許商標局
  • 米連邦巡回区控訴裁判所
  • 米連邦第7巡回区控訴裁判所
  • 米連邦第9巡回区控訴裁判所
  • 米連邦地裁、イリノイ州北部地区
  • 米連邦地裁、インディアナ州北部地区
  • 米連邦地裁、ミシガン州西部地区
  • イリノイ州北部地区法曹協会