Biography

生物製剤およびワクチンにバイオテクノロジーの進歩を生み出すクライアントのために、Eric M. Brusca, Ph.D.は、審理および関連手続を通じて国際的に特許を確保している。クライアントは、これらのさまざまなテクノロジーを扱ってきたBrusca氏の法的経験を信頼している。クライアントはまた、特許取得可能な製品やプロセスに対し、微生物学、生化学、および分子生物学におけるBrusca氏の大学院での訓練と研究に根ざした、確実で洞察に満ちた評価を得ている。教師でもある彼は、クライアントと効果的にコミュニケーションをとり、彼らの利益を首尾よく代表する。

実践

  • 特許審査
  • 特許付与後の特許手続

産業

  • バイオテクノロジーとライフサイエンス分野
  • 材料科学
  • ナノテクノロジー
  • 非営利技術移転
  • 製薬

主な経歴

  • ワクチンアジュバントおよび治療用ウイルスベクターを網羅する臨床段階の免疫療法会社のために世界中で特許を確保した。
  • HPVワクチンを扱う米国および外国の特許を確保し、その推定市場価値は年間30億ドルを超える。
  • 組み換えDNA、タンパク質、抗体技術を扱うクライアントのために、数十件の特許申請の相談、準備、および審査を行った。クライアントは、公立および私立の大学、非営利の研究機関から世界中の「大手製薬」企業まで多岐にわたる。
  • 組み換え血液凝固因子および組み換え成長因子を扱う業界トップのバイオテクノロジー企業のために特許を確保した。

Brusca博士は、以下のようなさまざまなバイオテクノロジー分野の問題に対処してきた。

  • ワクチン開発技術
  • 治療用RNA
  • キメラ抗原受容体と二重特異性抗体
  • 組み換えDNA
  • タンパク質と抗体の技術
  • 遺伝子治療
  • 成長因子

背景と資格

Brusca博士はバイオテクノロジークライアントを国内外の特許審査、米国の許可後手続きおよび外国の異議申立手続、ならびに非侵害/有効性の鑑定などで広範囲に支援してきた。

彼はジョンマーシャルロースクールから法学博士号を取得しており、さまざまな技術の習熟度と合わせて法的経験を持つ。当社に入社する前は、シカゴのロヨラ大学の化学科でRNA-タンパク質相互作用と触媒RNA分子を研究する。2001年にシカゴのロヨラ大学で化学の博士号を取得する。大学院での研究を通して、Brusca博士は生化学、分子生物学、および微生物学に関する研究のトピックを専門とする。イリノイ大学アーバナシャンペーン校で微生物学の修士号を取得している。

教育

  • ジョンマーシャルロースクール(JD)
  • ロヨラ大学シカゴ校(Ph.D.)
    • 化学
  • イリノイ大学アーバナシャンペーン校(MS)
    • 微生物学
  • イリノイ大学アーバナシャンペーン校(BS)
    • 微生物学

法曹協会登録

  • イリノイ州
  • 米国特許商標局