Biography

マシュー・R・キャリー(Matthew R. Carey)は、特許戦略、ならびに国内外の特許訴追の全段階において、電気およびソフトウェアエンジニアリング業界のクライアントの相談に乗る登録済みの弁理士である。彼はエンジニアとしてのバックグラウンドがあるため、顧客の技術を理解し、効果的かつ効率的にさまざまな特許調達サービスを提供できる。マット(彼)は知的財産訴訟のサポートや知的財産の取得と保護戦略の開発にも携わっている。

実践

  • 特許審査

産業

  • コンシューマープロダクツ
  • 電気コンピュータ技術
  • 保険および金融サービス

主な経歴

  • フォーチュン500企業から、スタートアップのベンチャー企業や大学、ないしは独立発明者まで、彼はいろんな分野のクライアントの特許を見事に調達した。
  • 保護可能な技術を特定し、内部実装を推奨するなど、IPポートフォリオを構築するためのアプローチ、上のクライアントと。
  • クライアントの非侵害性、特許性、妥当性、実行可能性などを分析し、提案。
  • コストを最小限に抑えながら、管轄区域全体に特許保護を最大化するための効果的な方法でクライアントに助言。
  • 会社の合併や買収にかかわるIPデュー・ディリジェンスにも提携。

Mattは、クライアントの電気およびソフトウェアエンジニアリング分野での特許権取得をサポートした経験がある。

  • 次世代モバイル機器
  • 自律走行車両オペレーション
  • ユーザーエクスペリエンス・テクノロジー
  • オーディオ処理と関連したオーディオ機器
  • インターフェースのフロントエンドとバックエンドの技術を含むソーシャルネットワーキング
  • モバイルアプリケーションとオペレーティングシステム
  • デジタルマッピング技術
  • プロセス制御システム
  • クラウドベースのシステムとのネットワーキング
  • 画像処理および印刷装置
  • セミコンダクター
  • 様々な金融モデル、車両管理、およびサプライチェーンの最適化技術を含むビジネス方法
  • デジタルメディア配信サービス
  • ゲーム機

背景と資格

マーシャルはGerstein&Borun LLPに入社する前は、スタートアップ企業からフォーチュン500企業までさまざまなクライアントの知的財産弁護士として働いていた。彼はまた、ブティックIP企業の特許代理店として2年間働いていた。Mattは、ITコンサルティング会社のアナリストとして、また金融デリバティブトレーダーとして、電気およびコンピュータエンジニアリングの技術経験を積んでいた。MattはChicago-Kent College of LawからJDを受け、知的財産法認定プログラムも修了した。また、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校でコンピュータ工学の学士号を取得した。

法曹協会登録

  • イリノイ州
  • 米連邦地裁、イリノイ州北部地区
  • 米国特許商標庁