Biography

Sandip H. Patelは、特許法のあらゆる分野で幅広い経験を持つ。彼は、汎用化学製品、消費財、燃料製造、医薬品、および半導体を専門とするさまざまな企業のために、化学および化学工学の発明に関する特許を取得した。さらに、彼はこれらの企業の特許ポートフォリオを管理し、競争上の優位性を得るために戦略的意見カウンセリングを提供した。さらに、彼は地方および連邦巡回裁判所で幅広い特許訴訟の経験を持ち、特許庁で、抵触、再審査、および当事者系レビューをリードしてきた広範な経験を持つ。最近では、紛争中の抵触および当事者系レビュー手続きの主任弁護士として働き、機械および化学工学の発明に関する有利な裁定を確保した。彼は、特許庁で係属中の複数の当事者系レビュー手続や、最近では基本的なCRISPR遺伝子編集技術に関わるものを含む抵触など、この種の手続において継続してクライアントを代表している。

彼からアドバイスを受ける顧客は多様で、専門化学会社、大学、および、バイオテクノロジー、化学製品、あるいは消費財に焦点を当てた様々な大企業、多国籍企業を含む。彼は化学工学の正式な教育を受けているが、彼の仕事は工学の全範囲と化学およびライフサイエンスに及ぶ。そしてその経験を通して、彼は多様な技術を素早く理解し、効率的な知的財産戦略を考案することに熟練していることを証明した。顧客はそれらの戦略を使用してビジネス目標を達成している。

実践

  • IP訴訟
  • 特許審査
  • 特許付与後の特許手続

産業

  • バイオテクノロジーとライフサイエンス分野
  • 化学科学
  • クリーンテック&再生可能エネルギー
  • 消費財
  • 製薬

主な経歴

  • 最近の米国特許商標局での特許の抵触や当事者系レビューで主任弁護士を務め、現在そのような他の訴訟でクライアントを代表する。
  • 長年にわたり、彼は、バイオテクノロジー(例:抗体製剤、非病原性ワクチン、DNA塩基配列決定法、基本的なCRISPR技術、遺伝子組み換え植物、およびケロチノサイトの成長要因)、化学/化学工学(例:医薬化合物および組成物、食品加工用化学薬品、化学および生化学反応器の設計および操作)、機械工学(例:鉄道車両用緩衝装置、修正テープディスペンサー、シュレッダー、コンピューターロック、および幼児用おむつ)、および電気工学(例:圧電インクジェットプリンタ、プロセス制御システムおよびソフトウェア)を含むさまざまな科学で、特許庁で数十の当事者系案件でクライアントに助言を与えてきた。
  • 消費財、半導体、触媒反応工学プロセス、工業用化学組成物、医薬組成物、およびヒトのさまざまな病状の治療方法に関する特許出願の準備および審査の遂行。
  • バイオテクノロジー特許(例:抗体製剤、組み換え成長ホルモン、組み換えエリスロポエチンなど)、製薬化学特許(例:白金配位化合物、癌性腫瘍の治療方法など)、化学工学的操作(例:大気汚染防止プロセスおよび装置)などに関連する連邦裁判所での特許侵害訴訟でクライアントに助言を与えた。

背景と資格

Sandip H. Patelは、2002年から当社のパートナーであり、1996年にロースクールを卒業した後、アソシエートとして入社した。当社に在籍中、彼は何百もの特許出願を起草し、また審査し、米国特許商標局での数十件の係争中の手続およびそれに関連する控訴の弁護人、ならびに連邦裁判所における多数の特許訴訟の弁護人として働いた。Patel氏はまた、当社の弁護士勧誘委員会の委員長を10年間務めた。

Patel氏は、1996年にインディアナ州ブルーミントンにあるインディアナ大学ブルーミントン校マウラーロースクールから法学博士号を取得した。ロースクールに在学中、彼はIndiana Law Journalのノートとコメントの編集者を務めた。1993年にミシガン州立大学で化学工学の理学士号(優秀成績)を取得した。

法曹協会登録

  • イリノイ州
  • 米連邦巡回区控訴裁判所
  • イリノイ州北部地区連邦地方裁判所
  • 米国特許商標局