Biography

Phelanは、特許を中心に知的財産(IP)問題でクライアントとの訴訟代理および協力をしている登録弁理士です。Ryanは、アクセンチュア社の元技術コンサルタントであり、コンピュータサイエンスとエンジニアリングの背景を持ち、コンピュータシステムとソフトウェア設計、エンジニアリング、開発および関連技術の豊富な経験を持っています。彼は、電気およびソフトウェアエンジニアリング、機械学習、バーチャルリアリティ、イメージング、インターネットおよび電子商取引、コンピュータネットワーキング、暗号化およびセキュリティ、移動体通信、家電、保険およおよび金融アプリケーションを含む技術分野での特許問題で多数のフォーチュン 500のクライアントの代理人を務めています。

Ryanは、特許の保護および取得、特許ポートフォリオの開発および管理、侵害および無効の意見、当事者系レビュー(IPR)および対象となるビジネス方法(CBM)の請願を含む米国特許商標庁(USPTO)での知的財産訴訟および付与後異議申立てなどの法的領域におけるクライアントための成果に重点を置いています。

実践

  • デザイン特許
  • IP訴訟
  • 特許審査
  • 特許付与後異議申立て

産業

  • 消費財
  • 電気およびコンピュータ技術
  • 産業および機械技術
  • 保険および金融サービス
  • インターネットおよびサイバー法
  • 医療機器

主な経験

Ryanは以下のような技術分野での経験を持ち、クライアントの代理人を務めています。

  • コンピュータ工学、建築、およびネットワーキング
  • クラウドベースのコンピューティングとクライアント・サーバー・アーキテクチャ
  • モノのインターネット(IOT)、デバイス、およびアプリケーション
  • インターネットと電子商取引関連のWebシステム
  • 機械学習と人工知能
  • ビッグデータシステムとアプリケーション
  • 3D、ポイントクラウド、およびセンサーベースのシステムやアプリケーションなどのイメージングアプリケーション、
  • バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実(AR)、および複合現実(MR)技術
  • セキュリティ、暗号作成法、および暗号化
  • セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)およびトランスポート・レイヤー・セキュリティ(TLS)インターネット通信技術
  • デジタル著作権管理技術
  • データベースと情報システム
  • ワイヤレス、モバイル、および関連する通信システム
  • 次世代モバイル機器
  • 無線周波数通信回路およびシステム
  • デジタル信号処理
  • インタラクティブ・ユーザー・プログラム・ガイドのインターフェース
  • コンピュータグラフィックスとゲーミング
  • 金融および保険業界の技術革新
  • 医療機器

Ryanはまた、さまざまな米国の地方裁判所での訴訟でクライアントの代理人を務めており、米国特許公判審判部(PTAB)の前、および米国国際貿易委員会(ITC)の前の実践をしています。彼は、答弁、開示手続き、略式判決および裁判を含む訴訟の全段階での経験を積んでいます。Ryanの経験は次のとおりです。

  • モバイル電子機器およびコンポーネントのための特定の折りたたみソケットの件に関して (USITC 337-TA-1056– モバイル機器用の消費者製品に関する特許侵害訴訟でのポップソケットのための訴訟代理人。
  • コンテントホールディングス社対アップル社(テキサス州東部連邦地裁(E. D. Tex.)) - デジタル著作権管理技術とApple iTunesに関する特許侵害訴訟でのAppleのための訴訟代理人。陪審はAppleに非侵害の判決を下しました(審査委員会評決:2015年9月23日)。
  • 当事者系レビューでの請願(IPR2015-01956IPR2015-01957) – 地方裁判所の訴訟で申し立てられたインターネットおよび電子商取引の技術に関する特許を無効にするために提出されたIPRの請願のためのOld Republic General Insurance Groupの訴訟代理人。特許公判審判部(PTAB)は、すべての理由で申し立てられた請願を開始しました。
  • インテレクチュアル・ベンチャーズ社対BITCO General Insurance Corporation f/k/a Bituminous Casualty Corporation(テキサス州東部連邦地裁(E.D. Tex.)) – インターネット、電子商取引および暗号化技術に関する特許侵害訴訟でのBITCO General Insurance Corp.とGreat West Casualty Companyの訴訟代理人。
  • プロテグリティー社対トラストウェーブホールディングス社(コネチカット州連邦地裁(D. Conn.)) - データベースのセキュリティと暗号化を含む特許侵害訴訟でのTrustwaveの訴訟代理人。
  • Wargaming.Net LLPChangyou.com Limited (イリノイ州北部連邦地裁(N.D. Ill.)) – Wargaming社のWorld of Tanks®ビデオゲームに関する特許侵害訴訟でのChangyouの訴訟代理人。Changyouに対する請求は2014年に解決しました。
  • スタンブラー社対ノーザントラスト社他 (テキサス州東部連邦地裁(E.D. Tex.)) – セキュア・ソケット・レイヤー(SSL)およびトランスポート・レイヤー・セキュリティ(TLS)インターネット通信技術に関する特許侵害訴訟でのノーザントラスト社の訴訟代理人。ノーザントラスト社に対する請求は2013年に却下されました。
  • TQP Development, LLC対ノーザントラスト社他 (テキサス州東部連邦地裁(E.D. Tex.)) – RC4インターネット暗号化アルゴリズムに関する特許侵害訴訟でのノーザントラスト社の訴訟代理人。ノーザントラスト社に対する請求は2013年に却下されました。
  • インタラクティブ・プログラム・ガイドおよびペアレンタルコントロール技術を含む特定の製品の件に関して (USITC 337-TA-820)– ビジオ社に対して提起されたインターネット技術およびインタラクティブ・プログラム・ガイドに関する特許侵害訴訟でのロヴィ社の訴訟代理人。ビジオ社に対する請求は2013年に解決しました。
  • インタラクティブ・プログラム・ガイドおよびペアレンタルコントロール技術を含む特定の製品の件に関して(USITC 337-TA-845) – LG電子と三菱を含むさまざまな被告に対して提起されたインターネット技術およびインタラクティブ・プログラム・ガイドに関する特許侵害訴訟でのロヴィ社の訴訟代理人。 三菱とLG電子に対する請求は2013年に解決しました。
  • Guardian Media Technologies社対エイサー・アメリカ社他(テキサス州東部連邦地裁(E.D. Tex.) – 消費者向け電子機器に関する特許侵害訴訟での被告側のオフィス・デポ社の訴訟代理人。オフィス・デポ社に対する請求は2013年に却下されました。
  • エクストリーム・ネットワークス社対Enterasys Networks(ウィスコンシン州西部連邦地裁(W.D. Wis.)) – コンピュータネットワーキング機器に関する特許侵害陪審審理でのExtreme Networks社を擁護するExtreme Networks社の訴訟代理人。陪審はExtreme Networkに非侵害の判決を下しました(審査委員会評決:2011年11月4日)。

背景と資格

Ryanは、ノースウェスタン大学法学院から、ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院からのMBAと並行して法学博士号(J.D., cum laude)を授与されました。ロースクールでは、Northwestern Journal of Technology and Intellectual Propertyの編集長を務めました。

ロースクールに入学する前は、Ryanはアクセンチュア社の資本市場技術コンサルタントとして務め、ソフトウェアエンジニアリングとコンピュータアーキテクチャーでの幅広い経験を積みました。Ryanは、Java/J2EE、Microsoft C#/.NET、C ++、Perl、XML、SOAP、XSL、HTML、CSS、JavaScript、Web 2.0、クラウドベース、機械学習技術など、幅広い技術での豊富な経験を持っています。Ryanは、認定Javaプログラマーでもあります。

Ryanは、ルイジアナ大学ラファイエット校からコンピュータ科学の学士号(B.S., magna cum laude)を授与されました。ルイジアナ大学ラファイエット校での在学中は、Ryanは学校の計算機協会(ACM)の会長を務めました。

教育

  • 法律のノースウェスタン大学法学院(法学博士号(J.D., cum laude
  • 経営のノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院(MBA)
  • ルイジアナ大学ラファイエット校(学士号(B.S., magna cum laude))
    • コンピュータサイエンス

法曹協会登録

  • イリノイ州
  • 米国特許商標庁
  • 米連邦地裁、イリノイ州北部地区
  • 米連邦地裁、ウィスコンシン州東部地区
  • 米連邦地裁、ウィスコンシン州西部地区